読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日この善き日のブログ

おひとりさまアラフォー女のありのままの日常を綴ります。

【ロブスター】

'独身は罪'この広告に惹きつけられるかのごとく、(第68回カンヌ国際映画祭 審査員特別賞)を受賞した‘THE LOBSTER’を観賞しました。

f:id:navie_kyouko131126:20160519172423j:image

独身者は身柄を確保され、ホテルへ送られそこで血も涙も無いような支配人やメイド達に監視されながら、45日以内にパ-トナ-を見つける。
もし、見つけなければ自分の選んだ動物に姿を変えられ森に放たれるというスト-リ-。
(誰が考えつくんだ!こんな事。)という世にも奇想天外なル-ルを「ト-タル・リコ-ル」のコリン・ファレルや「007シリ-ズのQ」ことベン・ウィショ-があまりにも真面目にプログラムに取り組み、動物にされるまいと偽りの愛にもがく姿が‘独身者’のあたしには、「滑稽」と言うより「共感」してしまうあたりかなり末期。
結局、偽りの愛で苦しむよりも一生独身として生きていこうと‘独身者の森’で暮らす事を決意するのだが...そこで出会った女性と恋に落ちというお話。
個人的に独身者のリ-ダ-を演じたレア・セドゥが身震いする程のカリスマ性を発揮し、セドゥファンには是非観て欲しい作品。(ボンドガ-ルよりも素晴らしい。)終わり方も愛についての問いかけのような終わり方でエンドロール中ずっと'愛'って奴について考えていました。