読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日この善き日のブログ

おひとりさまアラフォー女のありのままの日常を綴ります。

【LA LA LAND】

f:id:navie_kyouko131126:20170430173100j:image

言わずと知れた、「アカデミー賞ノミネート・ゴールデングローブ賞史上最多7部門受賞作品」

 産まれてから一度も「ミュージカル映画」たるものを見た事のなかったあたしですが、オ-プニングからの軽快なダンスと楽曲。

主役のミアとセブのラブストーリー。

そして、夢を追い掛け夢を叶えていく為にそれぞれが犠牲にしたもの。お互いに大切な人、大事な想いを置き去りにしなければならなかった二人。(ライン・ゴスリングとエマ・ストーン)二人の演技に魅了され、あっという間にエンドロールを迎えまだまだ二人の事を見守りたい。

その様な気持ちがわいてきました。

f:id:navie_kyouko131126:20170430181616j:image

 

ミアやセブの様に若い頃図らずも夢と恋愛を天秤にかけなければなら思いをした経験のある人には少しほろ苦い作品に思えるかもしれません。

監督の次回作が楽しみです。歌とダンスと楽曲でこんなにも引き込まれいつの間にか主役の二人に感情移入されていく。

「いやぁ〜。映画って本当に素晴らしいですね。」

 

【弁護人】

f:id:navie_kyouko131126:20170111180424j:image

久々の韓国映画です。

主演は長きに渡り韓国映画界を牽引してきたソン・ガンホ

本当にこの人には何度泣かされてきた事か。

今回も、軍事政権時代の韓国の黒い部分へ真っ向から踏み込んだ本作で、ズル賢く金儲けをしながらのし上がることばかりを考えていた税務弁護士が、国家保安法違反の容疑をかけられスパイとして不当に逮捕、虐待され続けた学生をひとり弁護人とし弁護し続け、勇ましく正義を訴える姿が観るものの胸を打ち涙なしでは観れない作品で、新年早々素晴らしい韓国映画に出会えたという満足感に浸れる1本でした。

そして、無実の罪で拉致監禁。想像を絶する虐待を受ける母親想いの学生ジヌを演じたのが韓国アイドルグループZE:Aのメンバーのイム・シワン。韓国ドラマ未生で俳優としても人気が出た彼の映画初出演作品。f:id:navie_kyouko131126:20170111191545j:image(日本でも、Hey!sey!JUMPの中島君がリメイクしてましたね。)

恐ろしい虐待を受けるシ-ンも体当たりで熱演しており恐怖に押しつぶされそうな表情の反面。国家保安法違反で理不尽な罪を捏造された自身と仲間達の無実を法廷で話す際の真っ直ぐな眼差しが観る者達の胸を打ちます。

韓国では、観客動員1100万人の大ヒットや数々の映画賞総ナメして話題になった本作ですが、映画のポスター国家を敵に回しても無罪を勝ち取る!」の文字とソン・ガンホのこの表情」だけでもこの作品は観なければというワクワク感があり。

実話に基づくヒューマンストーリーが決して期待を裏切らない(本年1発目にいいの観たなぁ。)と思える作品でした。

そしてもっともっと韓国映画を日本で観たいと願わずには要られないそんな素晴らしい作品でした。

 f:id:navie_kyouko131126:20170111193108j:image

女性誌が教えてくれた事

2017年みなさんは福袋ゲットされたのかしら?干物アラフォー女子のあたしは正月食っちゃ寝食っちゃ寝しながら、ありとあらゆるYoutuberさんの「福袋開封動画」を見ては、『ウワァ。ウワァ。』『スゲェ。』と感嘆の声をあげておりました。

そして福袋は買えずとも、せめて何か氣分のあがる物をと女性誌を購入したのであります。f:id:navie_kyouko131126:20170109134144j:image

しかもタ-ゲットは明らかに20代女子。『でもいいの。気にしないわぁ。」この2つを選んだ理由

CanCam

*可愛い写真の撮り方が掲載されてる。

インスタグラムなどはやっていませんが

やはり写真をカッコよく撮れるようになりたい。

テクニックや見せ方ってやっぱりあると思う。そのヒントが本誌一冊まるごと実例つきで載っていて持っていて損はないと思える1冊でした。

付録は、[ハ-ト型自撮りライト]こちらも活用できるアイテムですよ。

【JJ】

*骨格別。渋顔*甘顔別。Lサイズ*Sサイズ別に似合うコ-デが載っている。

骨格で似合う服が決まる。この法則が解って入るけど実際どんな服を選べばいいかわからない。

そんなあたしには強い味方となる1冊だと思い購入しました。でも「JJ」には付録が無いんですね。それが、ガッカリ。

しばらくこの2冊を熟読し、lifeスタイルを楽しくする計画を立てようと思います。

 

 

2017年目指すもの

そうだるあれよあれよという間に2016年が終わり2017年も4日経ってしまいました。

思い起こせば2016年の年初め目標を50位考え「はてブロ」に投稿しましたが情け無い話5つ程しか叶えられなかった。^^;

なかなかの自堕落さにもう笑うしか無い。そこで今年は、たくさん目標を立てるのではなく、何か一つの事を目指して過ごしていこうと決めました。

2017年は可愛げのある女になる。

ば く ぜ  〜ん。あまりにも漠然とした内容に

また昨年の如く全く叶わぬ想いになる事間違い無し。

何かもっと強く目指す指標の様なものがないかと考えていたところこの方の記事を見つけてしまいました。

f:id:navie_kyouko131126:20170104221331j:image

そう言わずと知れた黒柳徹子さん

何と黒柳さん今インスタの女王として若いインスタ女子の間で一目置かれる存在に。

驚きです。(^^)(^^)(^^)

でもこちらの記事を読んで、黒柳徹子さんのバイタリティーと可愛いらしさ💕がとても羨ましく感じられました。

自分の周りの人たちに興味を持つ。自分の周りで起きた出来事に興味を持つ。自分自身に興味を持つ。

やってみたいと思います。

アラフォー干物女のメイクポ-チの‘なかみ’


f:id:navie_kyouko131126:20161118192859j:image
ポ-チはDAISOのヒョウ柄ファーのがま口ポ-チです。
もう3年くらい経つかなぁ。
  1. mfc カ-ドファンデ-ション
  2. エテュセ アイカラー
  3. パラドゥスリムアイブロウ
  4. ナリス コ- プリュス リキッドル-ジュC
  5. メンソレ-タムリップ
  6. DHCミラ-
  7. メイク直し綿棒
f:id:navie_kyouko131126:20161120181332j:image
1.のファンデ-ションはだいぶ‘ねんき’がはいっ  てます。コンビニコスメです。(ファミリ-マ-ト)
2.エテュセはどれも発色がいいのでチ-クとしても愛用しています。
7.あたしのコスメには欠かせないアイテムです。(メイク直後からパンダ目になってしまいます)
メイク動画やコスメ紹介動画を見るのが大好きです。
アイメイクがなかなか定まりません。

大人可愛いメイクを目指しています。

f:id:navie_kyouko131126:20161120182050j:image

100均で冬支度始めています。

寒いのが大の苦手or大敵の管理人です。
皆様冬支度開始されてますでしょうか?
寒さ対策として足元がタイツになるこの時期ではありますが、なんせストッキングやタイツが大・大・大の苦手のわたくし。(股のあたりがゴワゴワするのが最悪。)冬でも靴下派です。
でも、冬用に厚手の靴下はとにかく値段が可愛くない!
そこで思い浮かぶのはやっぱり100円均一。
とわ言え100均の靴下って、すぐに足首のゴムが伸びたり、親指に穴空いたりして、「安物買いの銭失い」にならないかしら?
f:id:navie_kyouko131126:20161112183207j:image
って思っちゃいますよね。
あたしは今年の夏、全ての靴下を100均で過ごしました。
でも全て全然大丈夫。伸びもしなければ、穴も空かなかった。予想以上に優秀でビックリ。
100円で、4・5ヶ月保ってくれるとは実に有り難い。
冬も早速購入してみました。f:id:navie_kyouko131126:20161112183942j:image
今年の冬もダイソー】【セリア】【キャンドゥー】様には何かとお世話になりそうです。

【イレブン・ミニッツ】

f:id:navie_kyouko131126:20161110143543j:image
カンヌ、ベネチア、ベルリンを制したイエジ-・スコリモフスキ監督待望の最新作と謳われた本作。実は監督の前作。[エッセンシャル・キング]を観たい。観たい。と思いながら未だ未見。
究極の愛の型描きベネチア映画祭で大絶賛を受けた監督が17年振りに今度はリアルタイム・サスペンスを撮ったとの事で観てきました。
ところがこの映画、サスペンスと思って観ていたからか特に事件が起こるわけでもなく。(軽いネタバレ。)登場人物が強烈なキャラクターという訳でもなく。
それぞれの日常が可もなく不可もなく特にスリリングとも思う事なく11分間の出来事を描いている作品なのでラストもっと緊迫感が待ち構えているのかと思いきや…あらぁ。という感じでエンドロールが流れ始めたという印象でした。
とはいえ、映画界においては待ちに待った巨匠の復帰作。
しかも今までの作風とは真逆のスタイリッシュ・サスペンスやはり話題にせざるを得ない作品には違いないのでしょう。
あたし的には(レディ-スデイで良かった。)と久々に(どうしたもんかいな。)と思ってしまった本作でした。