今日この善き日のブログ

おひとりさまアラフォー女のありのままの日常を綴ります。

【女王陛下のお気に入り】

f:id:navie_kyouko131126:20190519135942j:image

いや〜。まさに外国番『大奥』。

権力と欲にまみれた女の闘いを時にシュ-ルなユ-モアを交え、そして、常に胸糞が悪くなるような(失礼。) 人間の醜さ愚かさをさらけ出した映像満載でスト-リ-が進んでいく、「あれ。この感覚いつかも感じた事のあるような...」

f:id:navie_kyouko131126:20190519134329j:image

そう。全く知らずに映画を観たのですが、この映画の監督[ヨルゴス・ランティモス]は、以前観てなんて奇抜で哀しいそれでいて強烈に印象に残ってる【ロブスター】の監督と同じ監督。

知らず知らずにこの監督の映画をチョイスしてしまうという事は、このような変態チックに奇抜な嗜好があたしにはあるという事か?(多分あると思う。^_^)

こうなったら、【聖なる鹿殺しキリング・オブ・ア・セイクリッド・ディア」も観てみたい。

そして、この映画やはり、3人の女王のドロドロとした関係が色濃く描かれているのが魅力ですが、言わずとしれたハリウッド女優。《レイチェル・ワイズ》《エマ・スト-ン》はもとより、アン女王を演じた。《オリヴィア・コ-ルマン》がなんともダメダメなイングランドの女王を見事に怪演しており、あたしはロブスタ-で脇役の彼女を観ているのですが、何だかとっても印象に残っていて(この女優さんなんかの映画で見た事あるなぁ。)と思っていました。ここまで見事な貫禄のある演技をこなす彼女が実年齢があたしより年下だったのも正直衝撃の事実でした。

個人的には、ここまで「ロブスター」のキャストを揃えたなら、侍女のアビゲイル役は、《レアセドゥ》でも良かったんではないか?と勝手に思ったりしています。(個人的に大ファンなんで!)

ありきたりな宮殿内の女同士の争いを描いた映画と思って観たら大間違い。この映画でさらに女の嫉妬と愛欲の恐ろしさに身震いしてまったのでした。(ア-メン。)

 

 

 

 

【ボヘミアンラプソディ】

平成最後の日は、日本でも大ヒットとなった「ボヘミアンラプソディ」をようやく劇場で観てきました。

f:id:navie_kyouko131126:20190503141722j:image

クィーンと言えば、やはり木村拓哉竹内結子が共演したドラマ「プライド」のテ-マ曲として起用され、クィーン自体は全く知らないけどクィーンの曲は聴いた事がある。という人が多いと思います。

11月にリアルタイムで公開されてから、既に半年以上経ち既にDVDも発売されている訳で、全世界で‘クィーン旋風’を巻き起こしたこの映画は、出演陣全員がクィーンメンバーの生き写しと言われるほどでラストのライブシ-ンは、完コピと評判になっていた事は知っていましたが、

ボ-カル〈フレディ・マ-キュリ-〉の栄光を手に入れたからこその孤独が描かれており、45歳という若さでエイズに犯され亡くなったス-パ-スタ-の光と陰を知る事となった映画でした。

フレディマ-キュリ-を演じた〈ラミ・マレック〉が身震いするほどかっこいい‼︎

正直男性俳優としてはかなりの小柄だと思いますが、その小柄を感じさせない全身全霊で挑んだラストのライブシ-ンは本当に鳥肌ものでした。

平成を締めくくる最後の映画「ボヘミアンラプソディ」劇場で観れて本当によかった。(^ ^)

 

 

 

 

 

 

「無印良品週間3/15〜4/1」購入品

  1. 素材を生かしたス-プ トムヤムクン
  2. 練り梅
  3. 3足組スニ-カ-インソックス
  4. アクリル冷水筒
  5. さらさらゲルインキボ-ルペン(茶)

 

   f:id:navie_kyouko131126:20190324195140j:image

 

今年最初の無印良品週間始まりましたね。

私も、春分の日に張り切って「無印」へ行って来ました。^_^

目的も無く行くとあれもこれも欲しくなって、散財してしまうので、ある程度買う物を決めて行ったつもりでしたが…。。。

③・④・⑤は今回買うと決めていた物で、

ホワイトソックスは、職場で事務服にこの無印のソックスを履いています。以前の物がだいぶヨレヨレになってきたので(゚∀゚)新しく購入しました。毎日履く物なのでもう1組くらい購入しても良かったかな。と思っています。

④無印の水筒もこの良品週間の期間中にGetしました。これから暑くなるので、早速ほうじ茶を作って常備しています。

⑤無印のボ-ルペンが書きやすいという事で、持っていない茶色のペンが欲しかったのでGetしました。

そして①・②はやっぱりやっちゃいましたよ。

予定に無い衝動買い。(゚∀゚)無印の食品はあまり買った事がなかったのですが、「カレ-が美味しい。」や、「お菓子が癖になる。」とよく聞きますが、大好きな「トムヤムクン」買っちゃいました。この酸っぱ辛いのが何とも言えない。

こんなに本格的な味が簡単に食べれるので、また買おうってなっちゃいますよね。(^-^)

後は、「練り梅」これメッチャ使いやすい。

福井県産の梅がチュ-ブ式のパウチに入っていてキノコと小エビの梅醤油パスタ、キュウリと大葉の梅ぽん酢和えと梅好きにはたまらん色々なレシピに活用しています。

今回も大満足の良品週間購入品でした。

 

 

 

 

 

 

 

佐賀県立美術館でガラスの茶室に癒された。

早いもので2月ですね。寒いのがチョ-!!ニガテなあたしは、2月は家でゴロゴロしてる事が多いのですが、今日は天気もよく休みの日にしては早くに起きれたので前々から行きたかった

佐賀出身のデザイナー・ア-ティスト吉岡徳仁の作品「ガラスの茶室-光庵」を観に佐賀県立美術館行ってきました。

f:id:navie_kyouko131126:20190201192700j:image

吉岡徳仁

吉岡徳仁さんは、佐賀の有田工業高等学校を卒業後、デザイナーの三宅一生のもとでデザインを学んでおり、今世界的に活躍している佐賀が誇る世界的ア-ティストです。

ガラスの茶室-光庵

ガラスの茶室-光庵は、2011年第54回ヴェネツィア・ビエンナ-レ国際美術展に発表され、2015年には、京都の天台宗青蓮院門跡境内の大舞台にて展示され、日本では、京都と佐賀のみで、(今のところ)観れる作品です。

4畳程の茶室全てが透明なガラスでできており、太陽の光線を受け茶室に七色の光を放つなんとも神秘的な空間を創り上げています。

佐賀県立美術館のリニューアル時内装にも携わり、その美術館へガラスの茶室を運び。自ら設置。配置。の指示を出すという並々ならぬ郷土愛を感じながらお会いした事もない吉岡徳仁さんの人柄にも触れたような気持ちになれた。

美術館鑑賞でした。

f:id:navie_kyouko131126:20190201200605j:image

 

 

 

新年は、新しい下着と*ガガ様と。

新年に入りまずは、下着を新調しようと決めていました。

干物女でかなり無頓着ですが、下着を一新してかなり気分も上がっています。

そして、今年1発目の映画は、ガガ様

でと決めていたので、『アリ-スタ-誕生』観てきました。

まさにガガ様あっての映画。これを観てしまうと、ガガ様の虜になるき事間違いなし。

実は、洋楽を全く聴かないあたしはガガ様の存在は知っていても歌声を聴いた事が無いという。天然記念物のようなもので、今回この映画でガガ様の圧巻の歌声とパフォ-マンスに「ひぇ〜。」とただただ驚きを覚えたのと、ガガ様は、もっと派手というか、何か異質な独特な感性とパワ-を纏っている様なイメ-ジでしたが、

劇中の彼女は実に愛らしい。(ガガ様ってこんなに可愛いらしい顔だったの??)と思う程。

1人の男性を一途に愛し続けるアリ-をこれが初めての演技とは思えない程の自然に演じ、またライブシ-ンでは、別人のように堂々とカッコ良くこのギャップにヤラレテしまう訳ですが、全世界のガガ様ファンにはたまらない1本となっています。

これからガガ様が映像の世界でも、活躍してくれるのでは…

そんな期待をせずにはいられない。ガガ様の魅力全開の作品でした。

f:id:navie_kyouko131126:20190103122609j:image

 

 

 

 

 

2019年明けましておめでとうございます。

2019年ようこそ。そんな風に穏やかに思える年明けです。

f:id:navie_kyouko131126:20190101141024j:image

昨年の末突如実家から出てまた独り暮らしを始めました。

仕事も正規職員ではない為、毎月のお給料だけで生活していけるのか不安で仕方ありませんが、出てしまった以上は、自己責任。やって行かなければなりません。

2019年は、昨年末に出会った言葉。

日日是好日」を目標に

上半期は、家計管理をしっかりやって行きたいと思います。

ブログも今迄通り、ブログを書く事を苦痛と感じる事なく、自分が書きたい事を書きたい時に無理なく続けていきたいと思っています。

proに出来ればいいけど…

それをするとどうしても書かなければいけないという義務感が生まれそうで。( ̄∇ ̄)

でもそのうちやり方がわかれば、ひょろっとproに変更してるかもしれません。

ともかく今は『書きたい時に書く。』そのスタンスを崩さずやって行こうと思います。

今年も1年宜しくお願いいたします。

 

 

『日日是好日』

をい平成最後の年の瀬にとてもいい言葉と、とても素敵な映画に巡りあえた気がする。

f:id:navie_kyouko131126:20181231124559j:image

日日是好日過去の苦しみや、憎しみ、数々の後悔。そして、我の不甲斐なさに囚われず、未来への期待を捨て、「今」生きている事に感謝しながら、精一杯生きていく、そうする事で自分自身が「今日もいい1日だったなぁ。」と思える。あたしの人生もこれからそんな人生にしたいそう思える映画だ。

映画は、エッセイストの森下典子さんの自伝的エッセイの映画化なのだが、主人公の典子が何気なく始めたお茶のお稽古を通し、仕事や恋愛中々上手く行かない自分の人生を人や周りと比べ悲観し、何故自分はこんなに不器用にしか生きられないのだろうと思い悩む、本当に普通の何処にでもいそうな女性の成長を主演の「黒木華」さんが、瑞々しく清楚に演じ。映画を観ているうちに典子にとても共感を抱いて何処となく自分の人生と照らし合わせて観ていました。

大好きな父を早くに亡くし、(父親役の鶴見辰吾さんも泣ける程素敵。)恋も仕事も上手くいかず気づけばいつも一人。30の働き盛りに大病して仕事もろくに出来なくなり、終いには家族にまで見放される始末。

自分が上手くいかないのを周りや、環境のせいにしてしまい嫌な事からすぐ逃げ出してしまう。

そんなあたしを救ってくれたのは、「パッチワ-ク」だ。友人が作ったハンドメイドの作品を見て、久々に心が踊るように楽しくなった。

パッチワ-クの教室に通い。世界に一つ自分だけの作品が完成した時の、「あ〜。こんなあたしでも、頑張ればやれるんだ。」と思える感動と達成感は何者にも代えられない宝だったと思う。パッチワ-ク没頭していた頃は、荒れていたあたしの心も穏やかさを取り戻していたと思う。

来年は、パッチワ-クを再開し、1日の終わりに、「日日是好日」と思える1年にしたい。