今日この善き日のブログ

おひとりさまアラフォー女のありのままの日常を綴ります。

【ゲティ家の身代金】

f:id:navie_kyouko131126:20180904205620j:image

ミシェル・ウィリアムズ ✖️マークウォールバーグ✖️リドリースコット監督を見逃す訳にはいかないが、あたしの住む田舎町では上映しない。(田舎町あるある。)あきらめていたがそこは、期待を裏切らない大川シネマ上映するという情報入手。劇場で観てきました。

f:id:navie_kyouko131126:20180904205505j:image

 

1973年に実際に起こった誘拐事件をモチーフに巨匠リドリー・スコットが壮大な映像美とともに、「冷血な大富豪」その「大富豪の右腕」そして「誘拐された息子を助けたい一身の母」

それぞれの心理描写も実に素晴らしい。

金儲けが趣味?生き甲斐?のように生きているゲティ。実の孫ゲティ三世が誘拐され、身代金を要求されますが、その額が10代の生命に見合わないだの、孫が14人もいるのに1人に払ってしまうと全員ださなければならないだのイチャモンをつけ身代金を出ししぶり続けます。

そのくせ、美術品や骨董品には金に糸目はつけないとばかりにコレクションを増やしていくのです。

ゲティ役のクリストファープライマーがケビンスペ-シーの代役とは思えない程のどハマリっぷりで貫禄たっぷりゲティを演じきり、ゴ-ルデングローブ賞にノミネートされ話題を呼びましたが納得の怪演ぶりでした。

そしてミシェル・ウィリアムズ。何処の誰にさらわれたのかもわから無い状況で始めは”冗談”かと思っていた息子の誘拐が時間が経つにつれ、息子にゲティに身代金の支払いを依頼するが死のカウントダウンが始まっている事に気づくが、自分自身に息子を助け出す身代金の支払い能力がない為、義理の父ゲティに支払いを依頼するが拒否をされてしまい。

身代金を用意するから親権を離婚した。元夫に渡せなどあらゆる苦悩が彼女を苦しめますが気丈にも涙を見せる事なく立ち向かっていく母親の姿を見事に演じ切っています。

他にも、脇を固める「ルパン」の頃から大好きなマロン・デュリスや、「フォーンブース」のコリン・ファレルそして、そして、ゲティ三世を演じたチャーリープラマー中世的な魅力でかっこ良かった。

素敵な俳優陣が出演しています。リドリー・スコットがまだまだ現役でバリバリにこの様な実話に基づく意欲作を撮ってくださるので(トニ-スコット監督も好きでした。)あ〜映画ってやっぱりやめられませんね。

 

グググッ‼︎グリコ展。

佐賀県立美術館で7・21〜9・2まで行なわれている「グリコ展」に行ってきました。

皆さんはグリコと聞くと大阪の道頓堀にある「グリコ」のランニングを着て走っているどデカイ看板を思い出す人も多いと思いますが、江崎グリコの創業者江崎利一氏は佐賀県出身なんですね。

f:id:navie_kyouko131126:20180901184611j:image

【一粒で二度美味しい。】というキャッチフレ-ズや、おまけがついたお菓子でおなじみ。

そういえばあたしの大好きな映画。岩井俊二監督の「スワロウテイル」の主人公の女の子も名前が『グリコ』だったなぁ。

個人的には、グリコア-モンドチョコレ-トのCMが子供ながらに好きだった。

(トシちゃんと聖子ちゃん)がカップルで出てたり、(キョンキョン渡辺徹さん)のバ-ジョンもあったよな。【カリッと青春。】これも耳に残ってる。

江崎利一は、宣伝もうまかったらしい。 

キャッチコピ-やCM覚えている人も多いのでは?

f:id:navie_kyouko131126:20180901190457j:image

f:id:navie_kyouko131126:20180901190519j:image

江崎利一のお菓子にかける想いと商いに対する姿勢を知り。そしてあたし自身の幼少の頃を懐かしむいい機会になりました。

観覧後は、カフェで期間限定。グリコのプッチンプリン*ポッキー*ビスコがトッピングされた「プリンアラモ-ド」頂きました。

し・あ・わ・せ

f:id:navie_kyouko131126:20180901191144j:image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

九州国立博物館 至上の印象派展

f:id:navie_kyouko131126:20180618195839j:image

17日の日曜日。九州は晴天に恵まれ梅雨入りしたとは思えない程の絶好のお出掛け日和でした。

そこで、九州国立博物館の至上の印象派展「ビュ-ルレ・コレクション」に友人と行ってきました。

11時前には太宰府にある博物館へ到着したのですが駐車場からの道には、長い長蛇の列が出来ていました。

後0.5キロメ-トルが進まない。

皆さんやはり印象派の絵画に興味をお持ちの方が多いのでしょうか?博物館の中も人・人・人。本当に大勢の方が鑑賞に来られていました。

絵画はあまり詳しくないあたしも、クロ-ド・モネの「睡蓮」やルノア-ルの描いた「可愛いイレ-ヌ」の絵は一度は目にした事のある有名な作品です。

実業家のビュ-ルレが第一次世界大戦を生き抜き、46歳からこれらの印象派の絵画のコレクションを始め数々の作品に魅了されていく様を、舞台俳優の[井上芳雄さん]の音声ガイドで堪能できます。

f:id:navie_kyouko131126:20180619192258j:image

実は。この九州国立博物館を出ると、太宰府天満宮に繋がる歩くエスカレ-タ-があります。

太宰府天満宮菅原道真公を祀る九州でも有名な神社で、初詣には九州全土からお参りに参拝者が訪れる。全国でも御存知の方が多いはず、

まさかあたし達も直結しているとは知らず驚いてしまいました。

f:id:navie_kyouko131126:20180619194332j:image

 

f:id:navie_kyouko131126:20180619194425j:image

(太宰府天満宮からみた博物館入口)

天満宮も沢山の人だかりでした。

 

f:id:navie_kyouko131126:20180619194823j:image

f:id:navie_kyouko131126:20180619194856j:image

お昼は、天満宮にある出店の食堂で[あんかけ柚子蕎麦]を頂きました。

美味しかったですよ。

f:id:navie_kyouko131126:20180619200136j:image

(御朱印所も行列ができてました。)

 

天気も良く、来月あたしが入院し手術を受けるので、手術の成功祈願と友人は勿論御朱印を貰って帰りました。

梅雨を前に美術に触れ、有意義な休日のひと時を過ごせました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コンビニコスメが凄過ぎて開いた口が塞がらない。

f:id:navie_kyouko131126:20180607133606j:image

ハァ〜どうしてコスメっていつも、いっぺんになくなってしまうんでしょう。

しかも決まって給料日前。

携帯用ファンデとコンシ-ラ-。お気に入りのアイシャドウも底見えしております。

正直化粧下地もそろそろかと…

ファンデ-ションは、携帯に便利なmediaのカ-ドファンデを使っています。ファミリ-マ-トで今回が2度目の購入。

mediaのファンデもコンシ-ラ-もカバ-力抜群でシミで悩むあたしの肌の最大の救世主です。

ファミマは赤リップもとても話題になっていて可愛いのですが、あたしには全く似合わないと自覚し購入には至りませんでした。

ところが何気に入ったロ-ソンでまたもや見つけてしまったのです。

f:id:navie_kyouko131126:20180608210452j:image

リップ型のアイシャドウとマツ育マスカラ。凄い!どれも携帯にバッチリな大きさでしかも、

〈ワンコイン〉で買えるのが素晴らしい。

f:id:navie_kyouko131126:20180608212255j:image    

     f:id:navie_kyouko131126:20180608215222p:image

 

今年の夏は、ガンガンに(言い回しが古い。)活躍しそうです。

年齢もアラフィに差し掛かり肌の衰えと共にメイクも瞑想中ですが外でのお直しの強い味方が出来ました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【スリ-ビルボード】

胸が熱くなる作品でした。自分自身では、正当な主張や、正当な事を全うしているつもりでも周りにしてみれば、理不尽かつ単なる我が儘に過ぎない事なのだと強いては、周りの人間をも巻き込み犠牲にしてしまう。

自分自身の生き方と主人公ミルドレッドの生き方を重ね合わせて観てしまい。涙が溢れてくるのです。

主人公のミルドレッドには、フランシス・マクドーマンド、映画「ファーゴ」で注目された女優さんですが本作でも強烈にイカれた骨太の強い母親を熱演し、強烈な印象を残してくれましたが、反面アカデミー賞のオスカー像を盗難された際(オスカー像を盗まれちゃった)と泣いちゃう姿が、可愛らしくもある女優さんです。

そして、主人公のミルドレッドに抗議のビルボードを出されてしまう、田舎街の警察署長に

ウディ・ハレルソンナチュラル・ボーン・キラーズ」の頃から観るたびに、なんだかクレージーでキレてるけど、とてもセクシーな叔父さん。(申し訳ない。)というイメージ。

本作では、街の人々や部下から慕われ、家族を愛する心温かい警察署長を演じて益々かっこいい。

監督は、マーティンマクドナーこの方は劇作家でもあるとの事ですが、映画監督作品初めて観ましたが次回作も今から楽しみな監督です。

個人的には警察署長の妻の役を演じていた、アビーコニッシュも大好きです。

アカデミー賞最有力作品とまで言わ占めた作品を見逃すところでしたが劇場で観れて本当に良かった。

 

f:id:navie_kyouko131126:20180508210457j:image

GW 糸島日帰り観光の巻

映画「巫女っちゃけん」に誘ってくれた友人と、糸島へドライブ兼櫻井神社に参拝に行ってきました。

f:id:navie_kyouko131126:20180505132044j:image

10:00   八女インターから高速で

            今宿インター高速下車

            二見ケ浦へ。

いや〜皆さん。GW   人・人・人どこから集まって来るんでしょうか?(笑)

f:id:navie_kyouko131126:20180505203330j:image

レストランやカフェに入るにも駐車スペースを探すのもいやはや苦労しました。

待ち時間も覚悟の上名前を記入してプラプラと海岸沿いを歩いてみました。

f:id:navie_kyouko131126:20180505203352j:image

かなりのお腹のすきようで、レストラン内で食事した時間よりも、待ち時間の方がはるかに長かったのは間違いない。(それにしても、カルボナーラが美味しかった。。一気に食べ過ぎてカメラに納めるの忘れるレベル)

13:40   櫻井神社到着。

f:id:navie_kyouko131126:20180505181433j:image

小規模なひっそりとしたたたづまいの神社かと思いきや中々如何して。

拝殿は、平成9年に福岡県の指定文化財にも選ばれており、糸島でも有名なパワースポット。

格式の高い造りで9つ程参拝する神棚があり、しっかりと御利益とパワーを頂ける大神宮でした。

おみくじも、20円安い。引いたおみくじは「大吉。」(この時点でかなりのご満悦。)

御朱印帳4冊目に突入しているという友人も宮司の方が書かれた御朱印をいただき満足そう。

そして、この神社。嵐の櫻井翔さんと同じ名前という事もあり絵馬には、「嵐のコンサートチケットが当たります様に!」という願いが沢山書かれています。

f:id:navie_kyouko131126:20180505183059j:image

櫻井神社を後にして、さて次は何処にと相談したところ福岡県立博物館にて、「レオナルド・ダ・ヴィンチ展」が行われているとの事でいざ出陣。

15:00   福岡県立博物館到着。

f:id:navie_kyouko131126:20180505193543j:image

ダ・ヴィンチと言えば、「モナリザの肖像」や「最後の晩餐」などを思い浮かべますが、この未完成の作品アンギアーリの戦いの謎を中心に多彩な才能を持つ(科学や建築にも精通している。)レオナルド・ダ・ヴィンチの魅力を堪能できる作品展でした。

18:00   西鉄久留米駅到着。

夕食はあたしのリクエストでお好み焼きで締めました。

「甲子園三代目  あつい飯」

西鉄久留米駅の中にあった店が移転したようでしたが、GWと言うこともあってか店のオープン時間と同時くらいに着きましたが既に予約のお客さんで店内満席の状態でした。

f:id:navie_kyouko131126:20180505201214j:image

(甲子園風お好み焼きが薄焼きの特性ソースで

食欲をそそります。)

お好み焼きってなかなかお独り様では食べれないからこう言う時に食べておこうって思っちゃうんですよね。

はてなの皆さんはGW どこに行かれたのかな?

皆さんのブログをみながら次の旅行の計画などたてるのも楽しみですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【巫女っちゃけん】

f:id:navie_kyouko131126:20180503140112j:image

福岡の宮地嶽神社で撮影された、広瀬アリスちゃんが主演の映画を観てきました。

九州に暮らしていながら全くこの神社の事は知りませんでしたが、日本一のしめ縄が飾られ、

嵐のJALのCMにも起用された事のある由緒正しい場所なのだとか、どうりで映画で度々出てくる景色が驚くほどに美しい。

映画のスクリーンを通しても神聖さの伝わるような場所でした。

最近。御朱印帳なるものを持ち歩き御朱印巡りをする人が増えているらしいのは知っていたけど、映画を誘ってくれた友人も宮地嶽神社に行って御朱印をもらったらしく是非映画も観て観たいとの事でした。

広瀬アリス*すず姉妹は、あたしの中ではお淑やかなお嬢さんのイメージでしたが、今回宮司の父親に盾突きながら嫌々巫女をやっている広瀬アリスのやさぐれた感が凄く似合っていてさすが女優さんと感心してしまいました。

福岡弁も上手くて、福岡出身の女優さんかな。

と思うくらいに違和感なく演じていたと思います。

父親役のリリ-フランキ-さん。母親役の飯島直子さん(ちょっとだけだけど)凄く役にハマってだと思います。

普段はあまり神様の存在を信じないあたしですが「全ては神様の思し召し」という言葉が妙に頭に残った作品でした。f:id:navie_kyouko131126:20180503144001j:image